人身事故は一大事

事故に遭うのは嫌なものですが、現実問題これだけの車社会になると、毎日いたるところで自動車事故が発生しています。多くの場合、軽微な事故ですが、重大な人身事故も日々発生しています。日本ではほとんどの方が強制加入の自賠責保険だけでなく、任意加入の自動車保険にも入っているはずなので、実際に事故が発生した場合は保険会社任せになることがほとんどだと思いますが、ケースによっては単純に保険会社とのやりとりだけでは済まない場合もあります。

たとえば自分が人身事故の被害者になって責任の割合も0対10で完全に相手方が悪い場合などは、基本的に自分側の保険は使用する必要がないので、人身事故の加害者側の保険会社と自分とで話し合いが進んでいくことになります。

保険会社の担当者はその道のプロですから、こちらが思いもよらないことを言い出す可能性もあります。簡単に言うと事故後のケガの治療として通院している時などに早期の治療完了を促してきたり、損害賠償金や慰謝料の面でこちらが納得いかないような額の提示や説明をしてきたりするかもしれません。「こんなもんなのかな…」と諦めてしまう前にわたしたちの側ももっと知識ある専門家に相談することが大切です。今回はずばり人身事故で示談が発生した時に弁護士に相談するということについて考えてみましょう。わざわざ弁護士に相談するメリットはどんなものがあるでしょうか。費用はどれくらいかかるものなのでしょうか。